🎠 新着 競馬予想情報

あぶないデータ3・90.png あぶないデータ2・90.png 馬券仙人私の愛した馬券術・90.png 

コンピの仕組みを利用したトリガー馬券術『ナンバー5・コンピメソッド』

わずか4ステップでレース選択&馬券の買い目出しのコンピ馬券術
◎発売日:2019/09/15


重賞専用馬券術 突単

競馬予想の決定版!重賞での単勝に特化した超簡単馬券術


コンピ・エクセレントUP(ユーピー)【激走穴馬探しなら私たちにどうぞおまかせください】

競馬乙女倶楽部がアナタに激走穴馬の見つけ方をズバリお教えます



JRA重賞レース阪神競馬結果2013年「阪神大賞典(G2)ゴールドシップ&内田博幸」

阪神大賞典G2
1回阪神競馬8日 2013年3月17日(日)
芝3000m オープン 別 9頭

モータースポーツJRA重賞レース競馬結果

1着 07番 ゴールドシップ 牡4 内田 博幸 父:ステイゴールド

本ゴールドシップ データ
◎通算成績:11戦8勝(JRA重賞6勝)
◎獲得賞金:7億43万3000円

◎長距離血統
★メジロマックイーン→メジロティターン→メジロアサマ

本ゴールドシップ 経歴
「2012年」
共同通信杯・G3
★勝ちタイム:1分48秒3

皐月賞G1
★勝ちタイム:2分01秒3(稍重)
★前半1000m通過59秒1、ハイペース

神戸新聞杯G2
★勝ちタイム:2分25秒2
★前半1000m通過60秒7、平均ペース

菊花賞G1
★勝ちタイム:3分2秒9
★1000m1分0秒9、平均ペース

二冠達成
・2000年エアシャカール以来、8頭目
・1998年セイウンスカイ以来、史上2頭目の芦毛馬の二冠達成

有馬記念G1
★勝ちタイム:2分31秒9

「2013年」
◎阪神大賞典・G2
★勝ちタイム:3分5秒0

耳内田博幸騎手 コメント
◎「なるべく暴れさせないように気を遣って馬場入りをさせた。
スムーズにいってよかった。
流れを見ていこうと考えていたところ、内回りなのに縦長になっていたので、前も残りやすいと考えて、
早めにじわじわと上げていきました
最後は力を緩めるような部分があったのでステッキを入れて追えたことが次につながると思います。
使われて更に良くなると思うし、次が楽しみですね。
これから強い相手と戦わなければいけないし、今年はJRA年度代表馬になってほしいと願っている馬。
それだけの器だとも思っています。
きょうも直線半ばで力を緩めていたくらいで本当の力を出していないし、ここを使って上向くでしょう。
この後が楽しみです」
◎「久々だったのでステッキを入れた。
しっかりゴールまで追えたのが良かった。
楽に勝つと(次走で)反応しにくくなるので」

耳須貝尚介調教師 コメント
◎「6分の力でしか走っていないと内田騎手は言っていた。
写真撮影時には息が入っていたよ」
◎「体は4キロ減っていた(502キロ)が、有馬の時より、ふっくらとして見えた。
これが古馬だよ」
◎「一度、放牧に出すか、厩舎に置いておくかは状態を見て決めたい」


2着 06番 デスペラード 牡5 武 豊 父:ネオユニヴァース

耳武豊騎手 コメント
◎「自分の競馬に徹して、しっかり走った。
馬は良くなっている」
◎「しっかり走ってくれたし、安定もしてきましたね」


ふくろ阪神大賞典 競馬結果
1着 ゴールドシップ 牡4 内田 博幸 
2着 デスペラード 牡5 武 豊 
3着 フォゲッタブル 牡7 A.シュタルケ
単勝 7 110円
枠連 6−7 300円
馬連 6−7 320円
馬単 7−6 360円
3連複 3−6−7 1,880円
3連単 7−6−3 3,010円

時計阪神大賞典 上がり3F
1着 ゴールドシップ 36.8
2着 デスペラード 36.6最速
3着 フォゲッタブル 37.7

本阪神大賞典 競馬予想データ
◎2007年阪神大賞典競馬結果
◎2008年阪神大賞典競馬結果
◎2009年阪神大賞典競馬結果
◎2010年阪神大賞典競馬結果
◎2011年阪神大賞典競馬結果
◎2012年阪神大賞典競馬結果
◎2014年阪神大賞典競馬結果

右斜め上競馬情報ランキングインフォカート
1グッド(上向き矢印) 10週目
「荒れるレースを枠連10点買いで狙う方法!」
あなたが競馬で儲からないのは、3連複・3連単ばかり狙ってるからだ!だから負けるんだ!

1日平均10回ほど、多いときなら15回以上、馬券を当てて競馬で儲ける「秘密の方法」とは?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。